チョウザメ料理はおいしいおつまみに!チョウザメの特徴〜生態・サメとの違い・種類〜

高級食材であるキャビアの親として有名なチョウザメですが、実はチョウザメ自体もおいしい料理やおつまみの食材となる魚だとご存知でしょうか?

こちらでは、チョウザメの生態や通常のサメとの違い、チョウザメの種類についてご説明します。チョウザメは少し珍しい食材ですが、通販で取り寄せることもできます。いつもとは違うおつまみが欲しいとき、また珍しいものを喜んでくれそうな方へのギフトをお探しの方などはぜひ参考になさってください。

チョウザメの生態〜チョウザメの料理に挑戦したい方はテロワールメノカミの通販で〜

チョウザメアップ

チョウザメは2億5000万年以上前から生息している古代魚で、現在でもヨーロッパやロシア、アジア北中部、北米など世界各国に30種類近く生息しています。

基本的には淡水魚で湖や河川に生息しています。中にはサケと同じく河川を遡上して産卵する種類もいますが、産卵後も死なず、海に帰ってから70年近くも生きると言われています。

古くは北海道の一部の河川で確認されたと伝えられていますが、現在の日本では天然で生息しているチョウザメは確認されていません。

種類により大きさは、1m前後のものから3mほどの大きさになるものもいます。背中や側面に並ぶ白い大きな菱形のウロコが、蝶が羽を広げているように見えることから、チョウザメと呼ばれるようになった所以です。

チョウザメはサメではない?サメとの違い〜料理に使えるおいしいチョウザメは通販で〜

横から見たチョウザメ

チョウザメをサメの仲間だと思っていませんか?チョウザメの名前には「サメ」がついていますが、チョウザメはサメではないのです!

チョウザメとサメにはどのような違いがあるのでしょうか?

骨格の違い

チョウザメは硬骨魚類に、サメは軟骨魚類に分類されます。

エラの違い

チョウザメのエラにはエラブタがありますが、サメにはエラブタがなくエラアナのみがあります。

浮袋の違い

チョウザメには大きな浮袋がありますが、サメには浮袋がありません。

肝臓の有無

サメの肝臓は未発達ですが、チョウザメには肝臓があるので、アンモニア臭くないのが特徴です。

卵のサイズ

キャビアとして有名なチョウザメの卵は大きいもので3mmほどですが、サメの卵は5〜15cmもあります。

テロワールメノカミでは、贈り物にもおすすめのチョウザメのスモークを通販でご用意しています。

チョウザメの種類〜おつまみや料理に使えるおいしいチョウザメは?〜

現在生存が確認されているチョウザメは、チョウザメ科・ヘラチョウザメ科の2科に属し、合わせて28種ほどです。その中でも有名な3種類をご紹介します。

オオチョウザメ

サケと同じように河川を遡上して産卵するのが、チョウザメの中で最も大きなオオチョウザメです。別名「ベルーガ」とも呼ばれ、体長6m・体重1tを超えるものもいます。

コチョウザメ

小さい頃に見られるヒレの白い縁取りが美しく、鑑賞用としても人気が高いのが、コチョウザメです。また、最近では日本でも食用として養殖されています。

ベステル

オオチョウザメとコチョウザメをかけ合わせ、食用として人工的に改良されたのがベステルです。1980年代に日本国内に入ってきてから各地で養殖されており、旨味が強く刺身で食べてもおいしいことから、高い人気を誇っています。

チョウザメ料理を食べるならテロワールメノカミのおいしいスモークを通販で!おつまみや贈り物にも!

チョウザメは2億5000万年以上前から生息している古代魚で、卵をキャビアとして食されている以外にもその身が料理に活用できることから日本国内でも養殖されています。

蓼科山の山麓で育まれた高品質な食材を集めたテロワールメノカミでは、信州・長和町の名水「黒燿の水」で育まれた古代黒燿チョウザメのフィレを、 相性の良いオーストラリア産の湖塩で丁寧に塩漬けし、信州産のオーク材で低温燻製にて薫り豊かに仕上げたチョウザメ冷燻スモークを通販でご用意しています。

サラダやバケットのお供に良く合い、ワインや日本酒のおつまみとしても、また果実との相性も抜群です。贈り物にもおすすめで、35g入りで2,268円(税込み)でご提供しています。

チョウザメの料理を楽しみたいならテロワールメノカミ

会社名 ドリームウィングス株式会社
サービス名 テロワールメノカミオンラインショップ
運営統括責任者名 東久保 貴之
住所 〒386-0602 長野県小県郡長和町長久保2191-21 旧大石庁舎2F
電話番号 0268-71-6488
メールアドレス info@terroir-menokami.com
URL https://terroir-menokami.com/